DTCPは、Digital Transmission Content Protectionの略。
ホームネットワーク/パーソナルネットワーク内でコピー防止に使用されるもので、DTCP-IPは、家庭内LANなどのIPネットワーク上で著作権が保護された状態でコンテンツを伝送するための方式のこと。
つまり、デジタルコンテンツの保護技術の一種なのです。

HDDに保存しているテレビ番組の録画データのなかにバックアップをしておきたいものがあって、ブルーレイレコーダで対応しようかと情報を見ていたら、この「DTCP-IP」というワードが気になりました。
何が何でもブルーレイっていう訳でもないので、候補を挙げていくうちに「RECBOX」という機器が出てきました。用途も広そうだし、もう少し検討してみます。